エストロモン 通販

女性化とは?

男性として生を受けたけれども、精神的には女性の気持ちにしかなれない人がいます。
これは病気の一つであり、俗に性同一性障害と言われているものです。

 

性同一性障害の方たちは、医学的な性別と精神的な性別が異なることからとても辛い思いを抱えておられます。
そして、できることなら肉体的、精神的に同じ性別を得ることにより人生を過ごしていきたい、そう考え女性化を希望されるのです。

 

つまり、女性化とは肉体的な性別を女性に変えることを指します。

 

具体的には胸を大きくしたり、ヒゲや胸毛を少なくする、体型が全体的に丸みを帯びるといったことです。

 

ピルで女性化は可能か?

性同一性障害の男性が身体的に女性に近づきたいと思ったとき、まず考えるのは女性ホルモンを摂取することです。
女性ホルモンを体内に取り込めば、少しずつではありますが、女性らしい体に近づくことができるからです。

 

そこで女性ホルモンを摂取するには何があるかというと、実はピルなんです。
ピルと言えば、女性が避妊用に服用するイメージがあるかもしれません。
また、女性の体内に含まれる男性ホルモンを抑制する効果がありますので、にきびをなくしたり、脱毛症の治療などで使われたりもしています。
しかし、この男性ホルモンを抑制する効果を利用して男性が服用する場合もあるのです。
つまり、女性化ということです。

 

極端な効果を望むことは難しいですが、徐々に女性らしい体つきに変化すると言われています。

 

男性がピルを服用するとどうなるか?

男性がピルを服用した場合、体つきに変化が見られるでしょう。
もちろん短期的な服用では変化がないように思われるかもしれません。

 

しかし、定期的に長期間ピルを服用した場合、徐々に体つきが女性らしくなってくるようです。
具体的には胸がふくらむ、お尻や骨盤の回りに脂肪がつき丸みを帯びる、ひげが薄くなるといった効果が現れてくるようです。

 

また、肌が白くなる、低血圧になる、冷え性になる、体毛が少なくなるといった変化も出てきます。
しかし、一方で副作用も報告されています。

 

たとえば、筋肉が脂肪に変わってくるので体力や筋力が落ちてきます。
また服用前に比べると新陳代謝が落ちてきますので同じ量の食事を食べ続けると体重が増えてくるでしょう。

 

性同一障害に悩む人はどのくらい存在するのか?

 

性同一性障害とは、体と心が別に生まれてきた病気です。
女性の体に対して心が男性、逆に、男性の体なのに心は女性ということが症状としてあります。

 

今でこそ、性同一障害と認定された場合、戸籍の変更ができるなど世間的にも受け入れられるようになってきましたが、親にさえも相談できず、誰にも相談できないことから性別の不一致感に戸惑い悩み、理解されないことで気持ちが不安定になり、精神的に追い込まれていくケースもあります。

 

このように未だ、秘密にして心と体の矛盾を受け入れ秘密にしている人も多いため正確な統計はとれていません。
しかしに性同一障害に悩む人は1万に対して1?2人程度いるとされています。